2011年04月29日

アメリカンヒストリーX(エックス)

imagesamerikann.jpgimages@@@amerikann.jpgimagesCANG3X3D.jpg

あらすじ
カリフォルニア州ヴェニス・ビーチ。白人至上主義集団のカリスマ的リーダーで自宅を襲った2人の黒人の故殺罪で服役していたデレク(エドワード・ノートン)が出所した。その日、彼を崇めて自らもスキンヘッドにした高校生ダニー(エドワード・ファーロング)は、黒人で人権運動に深く関わるスウィーニー校長(エイヴリー・ブルックス)から呼び出され、ヒトラーの『わが闘争』についてのレポートの代わりに兄弟をテーマに作文を書けと命じられる。

ギャング映画?社会問題映画?
レンタルショップなどでパッケージを見たことある人も多いいと思います。
主演のエドワード・ノートンが役作りがかなりすごいです。写真でもあるように、この人はブラットピットとダブル主演の映画ファイトクラブの人です。体をだいぶ作って まるで別人です。
内容も過去と現在が交差して進む構成ですが、分かりやすく区切りとても見やすいです。
ギャング映画ですけど社会問題として観れば女性も観れると思いますよ。

posted by レンタルマン at 23:00| Comment(0) | ●映画☆☆☆☆・星4  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソードフィッシュ

imagesソードフィッシュ.jpgimagesCA42B6F2.jpgimages890-.jpg

あらすじ
天才ハッカー・スタンリー(ジャックマン)は、今は有罪判決を喰らってキーボードに触れることを禁じられ、妻子とも離れて油田の小屋での一人暮らし。しかし、某組織の手先であるガブリエル(トラボルタ)は、そんな彼の才能を放っておかなかった。ガブリエルは対テロ闘争を完遂するため、米麻薬取締局の裏金90億ドルを盗み出そうとしていた(これは囮捜査のための資金で、その作戦の名前が「ソードフィッシュ」であった。)。政府のコンピュータに侵入し、現金を別の銀行口座に移すために、スタンリーの腕を必要としたのだ。
仮釈放中のスタンリーはためらうが、ジンジャー(ベリー)の色仕掛けやガブリエルの脅しや子供と一緒に暮らせるというエサに釣られて、結局引き受けてしまう。しかし、ガブリエルの派手な動きに危険を感じた某組織の黒幕は、ガブリエルを亡きものにしようとする。すかさず返り討ちにあわせたガブリエルは、自らの目的のために現金強奪を遂行する。

アクション映画
友人に勧められて観た映画です。ジョントラボルタがカッコイイです。
始まりからインパクトがあり、音楽もセンスが良く、見ていてハラハラドキドキで最後まで目が離せませんでした。 ストーリーも考え込んで作っている感じです。 大ヒットはしていませんが、なんでヒットしなかったのだろうと不思議に思う映画でした。
ちなみに何で星4つかというと この映画がアクション映画で、なおかつカッコイイ映画だからです。こおいうジャンルは意見が分かれますから・・・・


posted by レンタルマン at 01:37| Comment(0) | ●映画☆☆☆☆・星4  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。