2011年05月17日

13人の刺客レンタルして観てみました

13人.jpg1213人.jpg1313人.jpg

あらすじ
幕府の権力をわが物にするため、罪なき民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君・松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田新左衛門(役所広司)の下に13人の刺客が集結する。斉韶のもとには新左衛門のかつての同門・鬼頭半兵衛(市村正親)ら総勢300人超の武士が鉄壁の布陣を敷いていたが、新左衛門には秘策があった。


気になって借りてみました。

始まりはとても良くワクワクしました。
バイオレンスに強い監督の映画だけにエグい映像もありましたが幅広い年齢層に
観てもらいたいのか今回は抑えてるように感じました。
ただ大事なラストの戦いのシーンは長すぎてあまり見てませんでした。
もう時代劇に新しさを求めるのが難しいのか どっかで観たことある映像で飽きてしまいました。
ただ出演者の演技力はかなりのレベルでビックリしました。
星は三つマイナスです。

posted by レンタルマン at 02:39| Comment(0) | ●映画☆☆☆・星3  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

無料動画一覧

posted by レンタルマン at 00:00| Comment(0) | ●気になる最新映画情報  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

ちょっと前に告白を観ました

145258images.jpg
とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか

子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死

んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的

な告白から物語は始まっていく……。



観た方は多いと思います。

ストーリーはかなりシリアスな内容だが音楽と演出で片寄らず最後まで観れました。

下妻物語嫌われ松子を観ていたのでかなり
期待していました。期待どうりの映画と言っていいでしょう。

基本的に良い映画はトイレにも行きたくならないほど集中するのですが 

若干、集中が欠ける時間帯もありました。

内容が内容なので嫌いな人は嫌いだと思いますが、

こんなシリアスな内容を音楽とカメラアングルなどでポップに感じてしまう

この映画は僕はすごいと思います。

新しいとかオリジナル感は存分に感じられますが、演出が演出なので そのジャンルで一番とは言え

ず、すこし中途半端に感じてしまいました。

あくまでも僕の意見ですが見る価値は間違いなくあります。


posted by レンタルマン at 01:59| Comment(0) | ●映画☆☆☆・星3  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

悪人を借りて観ました

imagesakuninn.jpgimagesakuninn2.jpgimagesakuninn3.jpg
あらすじ

土木作業員の清水祐一(妻夫木聡)は、長崎の外れのさびれた漁村で生まれ育ち、恋人も友人もなく、祖父母の面倒をみながら暮らしていた。佐賀の紳士服量販店に勤める馬込光代(深津絵里)は、妹と二人で暮らすアパートと職場の往復だけの退屈な毎日。そんな孤独な魂を抱えた二人が偶然出会い、刹那的な愛にその身を焦がす。だが祐一にはたったひとつ光代に話していない秘密があった。彼は、連日ニュースを賑わせている殺人事件の犯人だったのだ……。数日前、福岡と佐賀の県境、三瀬峠で福岡の保険会社のOL・石橋佳乃(満島ひかり)の絞殺死体が発見された。事件当日の晩に佳乃と会っていた地元の裕福な大学生・増尾圭吾(岡田将生)に容疑がかかり、警察は彼の行方を追う。久留米で理容店を営む佳乃の父・石橋佳男(柄本明)は一人娘の死に直面し、絶望に打ちひしがれる中、佳乃が出会い系サイトに頻繁にアクセスし、複数の男相手に売春まがいの行為をしていたという事実を知らされる。そんな折、増尾が警察に拘束されるが、DNA鑑定から犯人ではないことが判明、やがて新たな容疑者として金髪の男、清水祐一が浮上する。幼い頃母親に捨てられた祐一をわが子同然に育ててきた、祐一の祖母・房枝(樹木希林)は、彼が殺人事件の犯人だと知らされ、連日マスコミに追い立てられていた。一方、警察の追跡を逃れた祐一は光代のもとへ向かい、佳乃を殺めたことを打ち明ける。光代はその事実に衝撃を受けるが、警察に自首するという祐一を光代は引き止める。生まれて初めて人を愛する喜びを知った光代は、祐一と共に絶望的な逃避行へと向かうのであった。やがて地の果てとも思える灯台に逃げ込んだ二人は幸福なひとときを迎えるが、その逃避行が生んだ波紋は被害者の家族、加害者の家族の人生をも飲み込んでいく……。

悪人 新作で借りました

THE日本映画って感じでした。

ゆっくり進むストーリーで分かりやすく普通に面白かったです 


観ているときは(こうゆう感じか〜)って たいくつに思ってしまいましたが

ラストはちょっとびっくりしてしまいました。

あれ以上長いと 退屈で観てられなかったかもしれませんので
 
ちょうど良く終わっていると思います

ただ アカデミー賞をとるような ダントツって感じはしませんでした。

星は3つです。

posted by レンタルマン at 02:25| Comment(0) | ●映画☆☆☆・星3  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

渡辺謙主演で「はやぶさ」映画化

watanabekenn.bmp
俳優の渡辺謙(51)が8日、東京・銀座の東映で会見し、同社創立60周年映画「小惑星探査機 はやぶさ−遥かなる帰還−(仮題)」(来年公開、瀧本智行監督)に主演すると発表した。昨年6月に奇跡の帰還を果たした日本の無人探査機「はやぶさ」の7年に及ぶプロジェクトを描く人間ドラマ。数々の困難に打ち勝った技術者チームのリーダー役の渡辺は、「いまの日本に勇気を届けられる映画になる」と胸を張った。

7年間、60億キロにわたる飛行の末に小惑星のサンプルを持ち帰るという米航空宇宙局(NASA)でも成し得なかった偉業を達成し、日本中を感動させた「はやぶさ」。昨年6月に奇跡の帰還を果たしたニュースを、渡辺も滞在先のロサンゼルスで見ていた。

 「やはり日本の技術はすごい。誇りだ」。胸を熱くした渡辺のもとに昨秋、映画のオファーがあり、すぐに快諾した。

 演じるのは、「はやぶさ」のプロジェクト・マネジャー。機材やエンジンの故障、通信途絶など多くの困難を乗り越え、技術者チームを引っ張ったリーダーだ。

 日本が東日本大震災に直面した今だからこそ、渡辺を含めた製作サイドでは、幾重の困難に打ち勝ったこの実話を通し、リーダーの在り方を伝えたいと考える。

 渡辺は4月上旬、役のモデルとなった宇宙科学研究所(現・宇宙航空研究開発機構=JAXA)の川口淳一郎氏(55)と会い、酒席で日本酒1升以上を空けながら、リーダー論を熱く語り合った。

 リーダーに必要なものは「責任感。潔さ。決断力」と感じた渡辺は、役作りも兼ねて今作の“プロジェクト・マネジャー”として製作に携わり、現場のリーダーとして指揮を執ることを決意。

 「この映画の価値を見定めながら作っていかなければ」と、いま「はやぶさ」を撮ることの意味を真剣に考える。

 製作費15億円を投じる同作では、実物大の「はやぶさ」(最大寸法約6メートル)を3体作るほか、CGで宇宙空間を再現。サンプルを収めたはやぶさのカプセルが着陸した豪州・ウーメラ砂漠など、海外でも撮影する。

 ちなみに今年から来年にかけては“はやぶさイヤー”で、女優、竹内結子(31)主演の「はやぶさ/HAYABUSA」(堤幸彦監督、10月1日公開)をはじめ、同題材映画が4本公開。日本の誇りを描いたそれぞれの映画が、全国に勇気と希望を与えそうだ。


imagesCAI4CHBJ.jpg
同サイト内ジャンル別


生活・暮らしホーム

生活からの〜暮らし

・子小説のブログ

・レンタルマンの映画評論X

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/a9ttyyp66t7n
posted by レンタルマン at 12:29| Comment(0) | ●気になる最新映画情報  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

ロックストック

imagesstockck.jpgimagesstock.jpgimagesrock.jpg
あらすじ 
ロンドン、イーストエンド。エディ、トム、ベーコンらヤミ商売で小銭を稼ぐ4人組は、一攫千金をねらってギャングのハチェット・ハリーにカード賭博で勝負を挑んだ。が、八百長に引っかかり、50万ポンドもの借金を抱えることに。
 借金を返すために、隣の部屋のマフィアの情報を盗み聞きして、マリファナ工場を襲撃。ところが、奪ったマリファナを売ろうとした麻薬王は、そのマリファナ工場のボスだった!


ブラピ出演のスナッチの監督イギリス映画です。とても面白かったと思います。しかし残念なのはほぼスナッチと内容や演出が一緒ということです。スナッチは僕は映画館で見てお気に入りの映画の一つでした。 この映画の方が先に放映されているのですが 期待して観たらほぼ一緒でした。日本でいえば北野武の作品みたいでコアなファンが付きそうな映画です。スナッチを観ていない方なら相当楽しく観れると思います。内容・演出は一流で日本人の監督はこれ見てまねしたっぽいな〜っておもうような作りです。主人公がいないというか分からないというような登場人物全員に個性があり ストーリーが漫画みたいで映像がプロモみたいな映画だと僕は思いました。

posted by レンタルマン at 00:56| Comment(0) | ●映画☆☆☆☆・星4  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

面白DVD 30ミニッツ

untitled30.bmpimageslolo.jpg

演技はお笑い芸人のおぎやはぎやバナナマンが出演しテレビ東京でやっていた30分番組です。毎回ゲストを呼び30分間をテーマにした面白ドラマです。
僕は何回も借りて観てます。単純に笑えて面白いということもそーですが 内容がとても良い。
30分間に登場人物分 人間ドラマがあるをテーマにしているらしく、短い時間にいろいろなストーリーがつまっている感じです。カメラアングルから効果音 音楽など内容以外も一流だと思います。
笑いをベースにしているからちょっとしたことでぐっときたりもして本当に好きな作品です。
かなりレベルが高いDVD、ぜひ見て下さい。

posted by レンタルマン at 00:22| Comment(0) | ●面白お笑い  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

<浅野忠信>ハリウッドデビュー作で初レッドカーペット 映画「マイティ・ソー」プレミア

朝の.jpg
俳優の浅野忠信さんがハリウッドに初進出した3D映画「マイティ・ソー」(ケネス・ブラナー監督)のプレミア試写が2日(米国時間)、ロサンゼルスで開かれ、浅野さんが本場のレッドカーペットを初体験した。浅野さんは「こんな華やかな所に来られてうれしい、いままで頑張ってきた結果がここに至るんだなあと思うと、感無量です」と語った。

続きを読む
posted by レンタルマン at 13:41| Comment(0) | ●気になる最新映画情報  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SP野望編レンタルして観ました

images野望編.jpgimages野望編3.jpgimages野望編2.jpg
あらすじ
警視庁警備部警護課第四係機動警護班隊員・井上薫(岡田准一)は、自殺した理事官に対して「仕方がないだろ。大義のためだ」と係長・尾形総一郎(堤真一)が発した言葉に、猜疑心と困惑の色を浮かべ対峙する。その出来事から1ヶ月。東京の街は、何事もなかったかのように毎日が過ぎ、どこを見渡しても平和な日本の姿があった。だが、そのウラでは、日本という国家のシステムを根底から揺るがすようなテロが企てられており、全ての脅威は、六本木の街から始まろうとしていた……。公安の目をかいくぐり、不穏な動きを見せる国家の要職を担うキャリア官僚たち。その中には、与党幹事長・伊達國雄(香川照之)の姿も含まれていた。相次ぐ脅威への過剰反応(シンクロ)に苛まれる井上。さらにテロリストの魔の手は、笹本絵里(真木よう子)、山本隆文(松尾諭)、石田光男(神尾佑)ら第四課のメンバーにも襲い掛かってくる……。


新作で出ていたので借りて観ました。

僕はドラマを見ていて久しぶりに最後まで見た好きな作品だったので借りました。
内容はやっぱりドラマを見ていないときついと思います。革命編も観たいと思いました。
良かった点
・カメラアングルが日本トップレベルでセンスがよかった
・出てくる登場人物の説明をむやみにせずミステリアスな感じが良かった。
・監督の演出がレベルが高かった。


悪かった点
・日本映画とゆうこともありスピード感が前半はなかった(効果音が少ない)
・日本映画とゆうこともありCGがかなり荒い

全体的に満足しました。星は3つです。

posted by レンタルマン at 02:43| Comment(0) | ●映画☆☆☆・星3  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

アンストッパブル

imagesannsutoppabu.jpgimages321789.jpgimages789654.jpg
新作で出ていたので借りて観てみました

あらすじ
ペンシルバニア州の操車場。ベテラン機関士のフランク・バーンズ(デンゼル・ワシントン)と若い車掌のウィル・コルソン(クリス・パイン)が初めて顔を合わせる。しかし、年齢も家庭環境も異なる2人の間には大きな溝があり、ぎこちない雰囲気のまま機関車1206号へと乗り込むことに。やがて、2人の耳に貨物列車777号がトラブルを起こしたという情報が飛び込んでくる。運転士の操作ミスにより、無人のままの777号が暴走を始めたというのだ。しかも、777号には大量の化学物質が搭載されていることが判明。操作不能に陥った777号は、一つの街を壊滅させるだけの威力を持った巨大ミサイルも同然だった。様々な手段を講じて777号を停止させようとする鉄道会社。だが、そのいずれもがことごとく失敗してしまう。777号と同じ路線を走っていたフランクは、1206号を緊急待避線にすべり込ませて間一髪で衝突を回避すると、すぐさま777号の追跡を開始。777号の最後尾に連結して、1206号のブレーキで停車させる計画だった。フランクと口論を繰り返してきたウィルは、当初その計画に反対するが、彼の機関士としての経験と直感を信じ、命懸けのその計画に同意する。警察と鉄道会社は被害を最小限に食い止めるために、777号の人為的な脱線を計画するが、これも失敗。全米の目は、追跡を続ける1206号の行方に注がれていた。テレビでその様子を見守る人々の中には、父親との関係がギクシャクしているフランクの2人の娘、そしてウィルと別居中の妻の姿もあった。家族との絆を取り戻したいと願う一方で、鉄道マンの使命を果たそうとする2人の男。いつしか、彼らの間にはわだかまりを乗り越えた男同士の絆が芽生えていた。だが、時間は刻々と経過、777号は高架下に多くの燃料タンクが設置される魔の急カーブに近づいて行く。果たして、彼らは未曽有の大惨事を防ぐことができるのか……。


主演はディーゼルワシントン。黒人俳優の中では数少ない主役を演じている俳優です。
彼は白人に近い黒人だと思います。黒人はヒップホップや不良のイメージが強いと思いますが、彼にそんなイメージはなく、何を演じていても演じられているといった印象で名俳優だとおもいます。
さて今回の映画ですが、ハリウッドって感じの映画でした。日本でもありえるような内容でしたが
今の日本でこの規模でとったらお金がなくきっとつまらない映画になっていたでしょう。スピーディーさはちょっと足りないようなきがしましたが、内容がノンフィクションなのでしょうがないと思いますが、演出でだいぶカバーできてると思います。星の数なんですが、今回は3つにしたいとおもいます。
posted by レンタルマン at 02:23| Comment(0) | ●最近観た映画 新着順  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。