2011年11月14日

重力ピエロを観た感想

重力ピエロを観た感想


■勝手に評価しました!重力ピエロを観る前は正直あまり期待はしていませんでしたが観てびっくり、面白いの一言。
内容と音楽がちょうど良くマッチしていてシツコさもなく進んでいくストーリーであまり極端に感動させようとかウザさを感じることは無かった。ただ一つだけ言わせてもらうと終わり方だあまりキレが良くなかったひとつ前のシーンで終わらすか、ひとつ前を切って最後のシーンだけにするか、どっちかにしてほしかった。それ以外はパーフェクトでした。

無料動画!重力ピエロ
動画@動画A

仙台の街で起こる連続放火事件。放火現場の近くには必ず奇妙なグラフィティアートが描かれていた。過去に辛い記憶を抱える泉水と春の二人の兄弟は、事件に興味を持ち謎解きに乗り出す。グラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎を解き明かしたとき、その先に見えてくるものとは・・・。

登場人物 [編集]泉水(いずみ)
本作の語り手。「ジーン・コーポレーション」という遺伝子に関することを取り扱う企業に勤めている。
春に教えられた放火事件のルールに興味を持ち、謎解きに乗り出す。
春(はる)
泉水の弟、二歳違い。1973年4月8日生まれ。
市内に描かれたグラフィティアートを消すことを生業としている。
誕生日がパブロ・ピカソの命日と同じであることを父から教えられ、自身をピカソの生まれ変わりだと信じており、ピカソのことは親しみを込め「ピカッソ」と呼ぶ。
伊坂の著書『死神の精度』にも登場し、その主人公「千葉」との会話が書かれている。

泉水と春の父親。癌を患って入院している。
地味で目立たない平凡な公務員だが、泉水は父のことを凄い人間だと思っている。

泉水と春の母親。
何年か前に亡くなっている。
結婚前はモデルをしており、仕事で仙台の市役所を訪れた際に父と出逢い一目惚れをし、モデルを辞めて仙台に押し掛けた。
郷田 順子(ごうだ じゅんこ)
「日本文化会館管理団体」という団体の職員である女性。
困惑すると、自分の両耳を触る癖がある。
仙台市において文化会館の壁への落書きが酷くなったために、グラフィティアートに関わっている春のことを調査している。
黒澤(くろさわ)
泉水がある調査を依頼した探偵。伊坂の著書『ラッシュライフ』『フィッシュストーリー』にも登場している。
非常に腕が良く、難しい依頼もわずかな期間で遂行する。本人によれば探偵はあくまで副業とのこと。本業は『ラッシュライフ』『フィッシュストーリー』同様に泥棒であると推測される。
葛城(かつらぎ)
「ジーン・コーポレーション」に検査を依頼した男。
売春斡旋を行っており、過去の様々な悪行を自慢することを楽しみとしている。
続きを読む
posted by レンタルマン at 18:05| Comment(0) | ●映画☆☆☆・星3  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。